セフレと恋人ってどっちが良い?セフレでいるメリットとデメリットについて

気になる子がいる時にセフレにも恋人にもなれるとしたらどちらを選びますか?多くの人は自然と恋人を選択していると思いますが、実はセフレでいるほうが良い場合も多かったりするんです。
そこで今回は、気になる女性とセフレになるメリットとデメリットについてお話したいと思います。

セフレになるメリット

セックスをするからといって恋人になる必要はありません。むしろ無理に恋人になろうと告白したりすることで関係が悪くなってしまう可能性もあります。
まずは相手とは体の関係だけを続けるメリットについて考えてみましょう。

気持ちに余裕を持ちやすい

恋人という関係はよっぽど変形していないかぎり1対1で成り立ちます。それに対してセフレの場合は、1対複数という関係になる場合が多いです。つまり相手の交友関係に対して束縛する権利がありませんので、純粋に体だけを目的として繋がりやすくなります。
同時に自分にも同じ事がいえて、関係を持った相手以外を口説いたり他の誰かとセックスをしても問題ありません。

相手との距離感を自分たちで決められる

セフレの関係というのは単純に体のみで繋がることもできますし、逆にパートナーにすら見せることを躊躇するような性癖をさらけ出したりと恋人や夫婦以上に親密な関係になることもできます。心の面でも同様で、寂しい時だけ側にいてほしいから関係を続けたりすることも全く問題ありません。セフレは「○○しなければならない」という制約がないので自由に関係を作っていくことができます。

セフレになるデメリット

次にセフレになるデメリットについてです。こちらが大きいと感じた方は恋人になる努力をすることをおすすめします。

相手の行動に干渉できない

体の関係はあるもののセフレの場合、基本的には会っている時間以外は相手の行動に干渉しないという暗黙のルールがあります。そこを破ってしまうと揉めやすくなってしまうので束縛などはNGです。
ただしセフレの関係には非常に色々なパターンがあるので、主人とペットのような例外の関係で成り立つカップルもいるので一概にはいえない部分でもあります。

病気の心配がある

相手にもよりますが、もし相手が複数の異性と関係を持つタイプの場合は性病をもらってしまう可能性もゼロではありません。ですので定期的に検診にいったり、コンドームをしっかり装着して行為を行ったりと病気を予防することがとても大切になります。

お互いにとってより良い方を

セフレだから気持ちはゼロというわけではありませんし、恋人ではなくセフレでいる事で長く関係を持ち続けられる場合もあります。もちろん恋人になることでのメリットもありますので、二人でよく話し合ってお互いにとってより良い方を選ぶようにしましょう。